豪ドル円(AUD/JPY)でトラップを54.20円~107.80円に仕掛けるという、両建てトラリピです。
取引開始来の結果は以下の通りでした(2014年8月21日開始)。

実現損益 : 126,281円
評価損益 :  -30,180円

合計 :   96,101円

先週水曜日、アメリカ合衆国で政策金利が発表されました。それ以降、値動きがとても大きくなりました。といっても、円高または円安方向に動くのではなく、同じ範囲を行ったり来たりしました。

スイングトレードでこの値動きを捉えてトレードするのは、極めて難しいと思います。デイトレードならば可能でしょう。しかし、ゆったり為替はデイトレードを得意としないので、このような相場では何もできません。

トラリピの場合は、こういう相場でこそ本領を発揮します。ゆったり為替にとっては、自分の裁量トレードで何もできない場面でも活躍してくれるこの種のトレード方法は重宝します。

では、先週までの成績を確認しましょう。

20150321 両建てトラリピ

2015年は最良の時を享受しています。先週の実現損益累計額(リピートとスワップポイントの合計)のグラフは、傾きを大きくしています。一方、評価損益はほぼ変わらず。

しかし、2014年後半の大きな含み損が再び実現するとき、損益の合計額は再びマイナスに沈むことが予想されます。気を緩めてポジションを追加することなく、現状維持でコツコツと進むのが良いでしょう。

→ M2Jのトラリピで押さえておくべき3つのメリット
→ 円高の時に始める両建てトラリピ:リスク管理が割と容易!
→ 両建てトラリピは、実際のところ採用する価値はあるだろうか?
→ 両建てトラリピの勝算を考える
→ トラップの配置イメージ図のある記事

******************** 
取引システム : M2Jのトラリピ(バーチャル取引)
通貨ペア : AUD/JPY
取引数量 : 1つの指値につき1,000通貨
<ロング>
  トラップ範囲 : 54.20円~95.00円
  トラップの幅 : 20銭
  利食い幅 : 50銭(500円)
  損切りレート : 54.00円
  長期ロング(ショートのスワップ損回避用): 86.04円10,000通貨
<ショート>
  トラップ範囲 : 68.00円~107.80円
  トラップの幅 : 95.00円~107.80円・・・20銭
             68.00円~  94.80円・・・40銭
  利食い幅 : 50銭(500円)
  損切りレート : 108.00円
********************