2015年の豪ドル円(AUD/JPY)為替予想や豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)の記事に多くのアクセスをいただいています。ありがとうございます。そこで今回は、2015年の米ドル円(USD/JPY)の見通しを考えてみます。

(2015年9月4日追加)
→ 本気でUSD/JPYの見通しを考える記事(とても重厚です) 
2015年のUSD/JPYを考えるうえで最も大きなトピックの一つになりそうなのが、米国の政策金利引き上げです。実際に引き上げられるかどうか決まっていませんが、今年中ごろに引き上げられても何ら不思議はありません。

過去の米国の政策金利引き上げ後のUSD/JPYの様子を確認しますと、半年から1年程度かけて円高になっています。そして、その大きさは10円~20円くらいです。今回もそれが当てはまるとしましょう。

今のところ、USD/JPY=120円あたりが円安の目途になりように見えます。そこで、そこから10円~20円ほど円高になると考えます。10円~20円では範囲が大きすぎるので、簡単にチャート分析を試みましょう。

下のチャートは、2014年1月から2015年1月までのUSD/JPYのラインチャートです。

USDJPY円高目途

青い線が為替レートの動きで、横に引いてある4本の線は補助線です。一番上にAの線があります。アメリカが政策金利を引き上げる頃のUSD/JPYレートは不明ですが、120円くらいと想定しています。そこから円高になり、10円~20円の間に節目となるレートが3つあるというチャートです。

ゆったり為替の予想ですが、アメリカの政策金利引き上げ後のUSD/JPYの円高目途を以下の3つと想定します。110円、106円、102円です。

実際に当たるかどうか分かりません。円高になっても慌てることのないよう、あらかじめ試算しておくという意味合いが強いです。

→ 本気でUSD/JPYの見通しを考える記事(とても重厚です) 
→ 米国の金利引き上げが、なぜ円高につながるのか
→ アメリカの政策金利が上がると、ドル円(USD/JPY)はどうなる?(外部サイト)
→ 2015年豪ドル円(AUD/JPY)為替予想!ゆったり為替の見通しは?
→ 2015年豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)為替予想!