2015年豪ドル円(AUD/JPY)為替予想!ゆったり為替の見通しは?

豪ドル円(AUD/JPY)は米ドル円(USD/JPY)に次いで人気の通貨ペアだと思います。高いスプレッドに加えて、適度に大きな値動きをしてくれます。

そこで、今年のAUD/JPYはどこまで円高になるだろうか?これを考えます。トラリピなどで買いの取引をしている方、必見かもしれません。 



AUD/JPYの円高目途を考えるために、AUD/JPYを二つの通貨ペアに分解します。すなわち、豪ドル/米ドル(AUD/USD)と米ドル円(USD/JPY)です。

AUD/USDとUSD/JPYの最低予測値を掛け算すると、AUD/JPYの最低予測値が出るというわけです。

AUDJPY計算式

では、AUD/USDの2015年の最低値を考えましょう。2014年12月のことですが、豪州準備銀行(オーストラリアの中央銀行)総裁が「AUD/USDは0.75に近づくべきだ」と発言しているようです。そこで、AUD/USDの最低値は0.75にしましょう。

次に、USD/JPYの2015年の最低値を考えましょう。今年、アメリカ合衆国(米国)では政策金利が引き上げられる見込みです。過去、米国で政策金利が引き上げられたときのUSD/JPYの動きは、興味深いことに、いつも同じパターンでした。
→ アメリカの政策金利が上がると、ドル円(USD/JPY)はどうなる?(外部サイト「Trader’s Spot」)

リンク先を見ると、米国が政策金利を上げ始めると、USD/JPYは10円~20円ほど円高になることが分かります。今回も同じになるとは限りませんが、同じようになると仮定しましょう。USD/JPYの高値を120円とすれば、円高目途は100円~110円となります。

すると、AUD/JPYの円高目途が計算できます。

最も穏やかな試算 : 0.75×110=82.5円
最も激しい試算 : 0.75×100=75円

2015年のAUD/JPYの円高目途は75円~82.5円となりました。

かなり大幅に円高になるような気がしますが、いかがでしょうか。2015年1月時点のAUD/JPYの高値は97.5円くらいですので、高値水準から見て15円~22.5円円高になるということです。

次に、過去のAUD/JPYにおいて、高値と安値の差がどれくらいあったかを確認しましょう。

2010年 : 16円
2011年 : 18円
2012年 : 15円
2013年 : 19円
2014年 : 15円

試算値は15円~22.5円円高になるという結果でしたが、2010年~2014年の実績を見れば、とんでもなく不当な数字ではないことが分かります。20円は行き過ぎな感がありますが、15円や16円程度の差は当然のように実現しています。

そこで、ゆったり為替による、2015年のAUD/JPYの円高予想値は以下の通りとします。

78円~82円

この数字は予想値と言いますか、計算で算出した数字ですので、参考程度にご利用ください。

→ トラリピの新機能で成績を伸ばす!【決済トレール】
→ 豪ドル円の見通しが的中するとき、トラリピで証拠金はいくら必要か?
→ 豪ドル、米ドル、ポンド・・・為替予想、見通しをどう扱うべきか?

GMOクリック証券は、AUD/JPYのスプレッドが0.7銭(原則固定)!