今まで、ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)に関する特集を書いてきました。今回は、PLN/JPYの取引ができる会社を比較します。どの会社が最も有利でしょうか(5回シリーズの4回目)。

ゆったり為替が25前後のFX裁量取引口座を調査した結果、以下の通りです。たった3つしかありませんでした(まだあるかも知れません)。

PLNJPYを取引できる会社

取引時間は冬時間で書いています。また、スプレッドについて、くりっく365とサクソバンクは「~くらい」と書いています。これは、スプレッドが原則固定でないためです。ゆったり為替が実際にログインして調査した範囲では、上記のスプレッドでした。

調査項目は4つです。それぞれで最も有利な会社が異なります。

スプレッド : サクソバンク
取引時間 : サクソバンク
取引数量 : LIONFX
証拠金率 : くりっく365、LIONFX

どれを最も重視するかによって、取引すべき会社を選択することになります。ゆったり為替の視点から見れば、くりっく365が最も有利だと思います。

~~ 理由 ~~
くりっく365のスプレッドはわずかにサクソバンクに及ばないものの、ほとんど変わりありません。取引時間が23時間ありますので十分長いです。また、PLN/JPYのレートは数字が小さいので、10,000通貨単位の取引でも証拠金が小さくて済みます。

LIONFXはスプレッドの大きさが気になります。サクソバンクは最もスプレッドが小さいものの、取引単位が大きく、必要な証拠金はくりっく365の2倍あります。
~~~~~~~

くりっく365でPLN/JPYの取引数量が多い理由の一つが分かりました。「くりっく365はPLN/JPYを取引するのに最も条件が良いから!」これではないでしょうか。


なお、くりっく365は15社で取引可能ですが、取引手数料が必要な会社と不要な会社があります。取引手数料が無料、相対取引でも極めて狭いスプレッドを提供する会社として、GMOクリック証券をご案内します。

→ GMOクリック証券の詳細説明および口座開設


→ くりっく365の人気通貨ペア・・・意外な通貨ペアが上位にいます
→ ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)の特徴(裁量取引):チャートで確認(第1回)
→ ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)の特徴(スワップポイント)(第2回)
→ 結局、ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)の人気の秘密は何なのか?(第3回)
→ 今後のポーランドズロチ/円(PLN/JPY)のスワップポイント予想!(第5回)