トライオートFXグランプリで賞金をゲットするためには、ライバルよりも良い成績を収める必要があります。では、ライバルはトライオートでどのような取引をしているのでしょうか。

インヴァスト証券が興味深いデータを公表していますので、それを参考にして考えましょう(全3回シリーズの最終回)。

インヴァスト証券は、9月時点のユーザーによるトライオートの仕掛け状況を公表しています。

(1) 単体AP注文とクイック注文

単体AP注文 : 61.6%
クイック注文 : 38.4%

トライオートは単体AP注文(一つの仕掛けにつきオートパイロット注文を一つ出す方式)を実装してリリースされました。このため、単体AP注文が多数派を占めるのは自然な成り行きだと思います。なお、オートパイロット注文とは、自動売買を行うための注文のことをいいます。

(2) 単体AP注文ランキング

1位 カウンター(ZAR/JPY) : 20%
2位 カウンター(EUR/CHF) : 16%
(3位以下省略)

多数派を占める単体AP注文の中で、40%近くが南アランド円(ZAR/JPY)とユーロスイス(EUR/CHF)のカウンターです。これはすなわち、トラップ系の取引だろうと推測できます。トラップ系の取引とは、トラリピ及びそれに類似する取引の総称です。
→ 「トライオートのトラリピ類似取引」とトラリピ

**********

2015年1月からトライオートの商品性が改善されますが、本質は変わりません。このため、いきなりカウンターの注文が激減するとは考えづらいでしょう。むしろ、商品性の改善により、2015年はトラップ系の取引の割合が増えるかもしれません。

ということは・・・

EUR/CHFや円を含む通貨ペアが上昇傾向(円安傾向)にあるとき、利益をあげる人が比較的多くなることが予想できます。逆に、下落傾向(円高傾向)にあれば、損失を出す人が多くなると予想できます。

このため、2015年1月~3月のグランプリ開催中の為替レート推移を見れば、上位300名に入るためにより多くの利益が必要かどうかを推測できます。開催中に大きく円高になるようですと、損益がマイナスでも上位300名に入ってしまう・・・そんなことがあり得るかもしれません。

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット
→ トライオートFXグランプリ。上位300名まで賞金あり!
→ トライオートFXグランプリで、上位300名に入る方法を考える