a0002_009256

相談: 

デイトレードで頑張っています。しかし、どうしても勝てません。原因を考えると、(1)途中で焦って利食い・損切り注文をキャンセルして、成行で清算してしまう(2)取引ごとに損益が一定でない、という二つの原因があるようです。この悪い癖を強制的に直してくれるようなシステムはありませんか?


回答:
どのようなトレード方法でもそうですが、負ける原因を特定するのはとても大切なことです。原因が分かれば、その対策を立てることができます。

(1) 途中で焦って利食い・損切り注文をキャンセルして、成行で清算してしまう

これはよくあることではないでしょうか。含み益が順調に伸びているときに少し下落すると、焦ります。利益を小さくしたくないから利益確定の決済をしたところ、さらに利益が伸びる方向に動いてしまった・・・。

あるいは、含み損が増えてきたけれども損切りはしたくないから損切り注文をキャンセルして我慢。その我慢が成功するときもあるでしょうが、失敗したら損失額はとても大きくなります。損失が大きくなって損切りしたくてもできなくなり、最後には塩漬けポジションとなってしまう・・・。

(2) 取引ごとに損益が一定でない

これに気づいている人は意外に多くないように思います。例えば、10戦9勝1敗でも合計で損失になり得ます。1,000円の勝ちを9回と10,000円の負けが1回ならば、合計で損です。

これは極端すぎる例ですが、1回のトレードの損益の差があまりに大きいと、いくら勝ちを重ねても1回の負けで全て水泡に帰してしまう可能性があるということです。

**********

では、この2点を強制的に修正してくれるシステムはあるでしょうか。すなわち、利食い・損切り注文を事後的に修正不可!取引ごとに損益を一定にできる!というシステムです。

あります。FXトレードフィナンシャルの「らくらくFX」です。下の図を見ながら考えましょう(FXトレードフィナンシャルのホームページから引用)。

らくらくFX

成行で取引を開始して、翌日朝5時30分になったらシステムが強制的に決済します。デイトレードですから、日足の日付が変わる前に取引を終了するのです。その前に利食いまたは損切りポイントに達したら、この時も決済します。そして、この利食い・損切りポイントは発注後に変更できません。

すなわち、「含み損があるから決済しないで我慢しよう・・・」ができないシステムです。相談の(1)の部分が解決しました。

また、注文の方法が他の会社と異なります。普通は、以下の通りです。
1. 通貨ペア、取引数量、売買の方向(買いか売りか)を選択
2. 売買を開始して、利食いポイントと損切りポイントで指値発注
・・・利益や損失がいくらになるかを事前に知るには、自分で計算する必要があります。

しかし、らくらくFXはこうです。
1. 通貨ペア、最大損失及び最大利益額、売買の方向(買いか売りか)を選択
2. 売買を開始

赤で書いた部分が異なります。取引数量でなく、「最大損失及び最大利益額」を先に入力します。最大損失と最大利益は同じ額です。すると、システムがその金額になるような取引数量を100通貨単位で決定します。要するに、取引ごとに損益が大きく異なることを防げます。

これで、相談の(2)が解決しました。

この「らくらくFX」は、デイトレード初心者や、デイトレードでどうしても事後的に注文を変えてしまうというユーザーのためのシステムです。まずはこのシステムで訓練をしっかり積んで、そのあとに通常の口座で取引しても良いでしょう。

→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る