fx-onロゴ今回は、FXサイト「fx-on」の運営会社である株式会社ゴゴジャンの社長インタビューをお届けします。
 
fx-onは、投資家間の情報交換を通じて投資家により良い投資環境を提供することを目的に運営されています。特にMT4の分野で強さを発揮しています。 

- 特にMT4のEAで強さを発揮していらっしゃいます。

弊社はEAに特化しているわけではないのですが、投資家の方の中でもEAやインジケーターは人気で、且つ、ご自身で開発する方も多かったので、そこから集めようということで、結果的に、MT4から入って行ったという経緯があります。投資家様やユーザー様の情報を集めて公開することにより、投資家の皆様がより良い投資ができるようになることを目指しています。

サイトロゴにも使っている『投資家の英知をすべてのひとに。』が会社理念にもなっています。

この目的を達成するために、ユーザーの皆様が開発したEAや電子書籍等を流通したり、ブログ記事やニュースで有益な情報をご紹介しています。

- 御社の名称であるゴゴジャン(Gogo Jungle)について、その由来を教えていただけますか?

Gogo jungle、そのまま直訳なのですが、口コミのジャングルへ行こうという意味です。

創業前の2007年頃、クックパッドやGREE、カービューなど、特定カテゴリーに特化したSNS、コミュニティが流行って来ていましたので、特定ジャンルに専門化したコミュニティをやろうとしていました。

恥ずかしい話、ゴゴジャンという社名は最終的に参加しなかったあるエンジニアの人のたっての希望で、実は、私が深く考えた結果ではないものです。

当初は、銀行の窓口で「ゴゴジャンさーん・・・」と呼ばれるのも恥ずかしかったのですが、今では、結構気に入っています。


- 今後の事業展開について展望をお聞かせ願えますか?

FXを最初に手掛けましたが、今後、株、先物・・・、もしかしたら、不動産へも展開できればと考えています。

音楽の世界では、プロの作った音楽ではなく、一般の人が作るボカロを使った曲が10代を中心に席巻している状況があります。

今は、どなたにお話をしても笑われていますが、投資の世界においても、一般市井の投資家の方が作る投資方法が、今ある金融業界が提供する投資サービスに代わる日が来ると考えています。

日本で上手くサービスを立ち上げて、アジア、アフリカへと展開して行きたいです。

- FX投資家の皆様に、一言お願いします。

弊社も私自身もトレードは、EAなどを使ったシステムトレードしかやっていませんが、2010/9/4からの成績は年利10%以上で推移することができています。

最近の成績 http://fx-on.com/asp/user/?i=1&m&mt

過去の成績 http://fx-on.com/asp/user/?i=16079&mt

 

これは偏に市井のノウハウを持つ投資家の方が作ったEAを使用させていただいたからです。

EA、インジケーター、電子書籍とネットでつながり提供される知識を、一人一人の投資家の方が十分取り入れて学習して行けば、おいそれと市場から撤退を余儀なくされることは無いのではないかと思います。

- ありがとうございました。