035264今月、欧州中央銀行(ECB)は政策金利を0.15%から0.05%に変更しました。

EUR/CHFをトラップ系の取引で買って攻めている方にとっては、厳しい状況です。買いのスワップポイントがマイナスだと、スワップ損が毎日積み上がるからです。

そんな中、トライオートは買いのスワップポイントが0円でしたが、この利下げを受けてどのようになったでしょうか? 確認しましょう。
 

トライオートの買いのスワップポイント: 0円を維持(2014年9月16日現在)

何と、0円を維持しています。
他の会社を調べてみましたが、ゆったり為替が調べた範囲では、インヴァスト証券(トライオート)以外の全ての会社のEUR/CHFのスワップポイントがマイナスでした。

EUR/CHFでトラップ系の取引をする場合は、トライオート以外の選択肢を取ることが難しくなりつつあります。

・ 自動取引なのに、メンテナンスの必要性がほとんどない
・ スプレッドが2.5pipsと狭い
・ 買いのスワップポイントが0円(ゆったり為替が知る限りでは、トライオートが唯一) 
・ セーフティ設定による安全機能

スワップポイントが-10円と0円では、実はそんなに大きな差はないのかもしれません。
しかし、毎日損が積み重なっていく気持ちの悪さは、金額以上のものがあります。将来のスワップポイントについては分かりませんが、トライオートが0円で頑張っているというのは事実です。

ゆったり為替はトライオートを使ってEUR/CHFのトラップ系取引をしています。最近は比較的値動きも大きくて利益が上がっていますし、是非、このまま0円を継続していただきたいです。

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット