M2J両建てトラリピの記事を半年前に書いたのですが、現在も人気記事上位にあります。ありがとうございます。

そこで、M2Jを使って、実際に両建てトラリピで成功できるのかどうかを検証します。 
取引の設定は以下の通りです。

******************** 
取引システム: M2Jのトラリピ(バーチャル取引)
通貨ペア : AUD/JPY
取引数量 : 1つの指値につき1,000通貨
<ロング>
  トラップ範囲 : 54.20円~95.00円
  トラップの幅 : 20銭
  利益幅 : 50銭(500円)
  損切りレート : 54.00円
<ショート>
  トラップ範囲 : 68.00円~107.80円
  トラップの幅 : 95.00円~107.80円・・・20銭
               68.00円~  94.80円・・・40銭
  利益幅 : 50銭(500円)
  損切りレート : 108.00円
******************** 

絵にすると、こんな感じです。
20140823 両建てトラリピ

ゆったり為替が最も望むトレードは、「いったん設定したら、永遠に稼いでくれる」です。
よって、狭い範囲の両建てトラリピはしません。

今回の設定は、過去数十年分の値動きをほぼ全部捉えたトラリピです。
ロングまたはショートで含み損が出ることが想定されますし、スワップ損が出ることも考えられます。

果たして、このトラリピの設定は吉と出るか凶と出るか。
8月21日にすでに開始しました。随時、結果を報告したいと思います。

→ M2Jのトラリピで押さえておくべき3つのメリット
→ 両建てトラリピは、実際のところ採用する価値はあるだろうか?
→ 両建てトラリピの勝算を考える
→ トラップの配置イメージ図のある記事