トライオートこのブログの「トライオート実戦記録」で、EUR/CHFのトラップ系の取引をしています。
着実に利益を重ねているとはいえ、EUR/CHF=1.2200あたりのポジションもありますから、含み損が大きいです。

現在のEUR/CHFは1.2100くらいを動いています。これを利用して、今の時期からトラップ系を始めると、いい感じで利益を得られる可能性があります。 

例えば、こんな感じでトレードします。

今からEUR/CHFのトラップ系取引を始めるならば、本来なら・・・ EUR/CHF=1.2250、1.2240、1.2230・・・と逆指値で注文を出します。
しかし、1.2250~1.2100の16本のポジションについて、EUR/CHF=1.2100で買います。

すると、損切りレートであるEUR/CHF=1.1985になるときの損失額は、下のイメージ図の通りです。
緑色部分が損失額です。
20140823EURCHFトラップ系1
左側のポジションAは、EUR/CHF=1.2200で買っています。右側のポジションAは、1.2100で買っています。本来1.2200で買うところを1.2100で買っているのですから、損切りのときの損失は少なくなります。

全体として、右側のほうが損失が少なくなります。

では、利益はどうなるでしょうか。下のイメージ図の通りです。
オレンジ部分が利益になります。
20140823EURCHFトラップ系2
EUR/CHF=1.2100から始める場合も、利益の指値は左側と同じにします。
左側のポジションAの利益確定の指値と、右側のポジションAの利益確定の指値は、同じです。

すると、右側の利益のほうが大きくなることが分かります。

結論としては、利益は大きく損失は少なくなります。

なお、EUR/CHF=1.2100で建てたポジションが清算できたら、繰り返しの注文は、本来あるべき指値にします。

EUR/CHF=1.2100で買い 
→ 1.2215で清算
→ 1.2200で買い(1.2100でない)
→ 1.2215で売り ・・・という感じです。

この方法で、トライオートを使ってこのブログと同じようなトラップ系の設定をすると、いい感じで利益を得られる可能性があります。
ただし、EUR/CHFが1.2000を下回って損切りになってしまったら、運が悪かったとあきらめてください。
そのときは、ゆったり為替も損失を計上します。

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット

********** ゆったり為替の設定内容 **********
通貨ペア :EUR/CHF
取引数量 1注文につき10,000通貨
売買方針 :上昇
エントリータイプ :カウンター
最初のロング :1.2010~1.2250まで、10pips刻み
オートパイロット数 :25個
利食い :15pips
再エントリー :利食いレートから15pips下
損切り :EUR/CHF=1.1985で全てのポジションを損切り
セーフティー設定 :1回の損失で終了 
***************************************