009892先週の記事「セントラル短資FXの自動売買機能」において、外部サーバーを借りる話を書きました。

外部サーバーは便利ですが、FXのトレードを安心して任せられるレベルのものを借りると、年間数万円を要します。

これをゼロ円にする方法を考えます。
外部サーバーレンタル料を無料にする方法

(1) セントラル短資FX経由でVPSサービスを契約する
VPSとは、バーチャル・プライベート・サーバーです。
セントラル短資FX経由で契約することにより、外部サーバーを最大5か月間無料で借りられます。

(2) 6か月目以降も無料にする方法
4か月目と5か月目にセントラル短資FXの自動取引で100万通貨以上取引すると、6か月目と7か月目の2か月間のレンタル料が無料になります。
6か月目と7か月目の2か月間、自動売買で100万通貨取引すれば、さらに2か月間無料となります。
これを繰り返せば、レンタル料が無料のまま外部サーバーを使用できます。

下の説明は、セントラル短資FXウェブサイトから引用しました。
絵をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
実際に使用してみようという場合は、セントラル短資FXの注意事項を良く読んでご利用ください。

セントラル短資FX外部サーバー無料


MT4との併用を考える

MT4を使っている人ならば、外部サーバーを借りている人がいらっしゃるでしょう。
毎月多くの取引をしていて、かつ、その取引をセントラル短資FXの自動取引でも実行可能ならば、MT4から乗り換えることも検討できるでしょう。

同じ取引を継続しながら、外部サーバーのレンタル料を減らすことができます。