progressive_chartセントラル短資FXが提供するウルトラFXにチャート機能が登場してから、しばらく時間が経過しました。

そこで、このチャートを触ってみた率直な感想を書いてみます。
 
1. マニュアルを1回流し読みすれば、使い方で困ることはない

マニュアルは流し読みで理解できるように作ってありますので、理解するのに時間がかかるということはないでしょう。

2. チャートが見やすい

私は日足を使うので、チャートの設定を日足・表示期間を6か月にして確認しました。 
陰線、陽線、ヒゲの様子がとても見やすいです。
メインに使っているチャートをこちらに変更してもいいかな、と感じるくらいです。

3. ヒストリカルデータを使える

日足のヒストリカルデータでしたら、比較的長期にわたって四本値を取得できます。
バックテストをする際に有効活用できるでしょう。


インジケーター等について言及がありませんが、Progressive Chartも十分な機能を備えています。
各社ともインジケーター等について力を入れているため、どのチャートでも高水準であることが多いです。
「高水準 VS 高水準」だと、他社との比較で差が出づらいです。

このため、ゆったり為替はチャートの見やすさを重視しています。