04955810年間放っておいて稼ぐトラップ系の取引の最終回です。
 
第1回: AUD/JPY
第2回: AUD/CAD
第3回: SGD/JPY
第4回: EUR/JPY
第5回: SGD/JPYその2

超長期でボックス圏かな?という通貨ペアを4つ概観しました。
 
この中で、試算ではありますが有望な判定が出たのはSGD/JPYでした。
トラップ系の取引で人気のあるAUD/JPYは1位ではありませんでした。予想外だと感じる方も多いかもしれません。

「10年間放っておいても稼ぎ続ける?」の場合、トラップを仕掛ける範囲が大きいほど不利です。この点でAUD/JPYは順位を落としました。

SGD/JPYで気を付ける点は、スワップポイントです。
シンガポールも日本も恒常的に低金利です。FX会社によっては、現在の買いのスワップポイントがマイナスです。


実行する場合は、手動で取引するかMT4で全自動取引するかを決めます。
トラリピのM2Jは残念ながら、SGD/JPYの取り扱いがありません。

MT4で実行すると圧倒的に楽ですが、スワップポイントが気になるところです。


→ 「10年放っておいても稼ぎ続ける?」トラップ系の取引(その1)
→ 「10年放っておいても稼ぎ続ける?」トラップ系の取引(その2)
→ 「10年放っておいても稼ぎ続ける?」トラップ系の取引(その3)
→ 「10年放っておいても稼ぎ続ける?」トラップ系の取引(その4)
→ 「10年放っておいても稼ぎ続ける?」トラップ系の取引(その5)

→ 永続的に成功できるように頑張るぞ!・・・なトラップ系の取引