035464「強制清算されない~」は意図せずシリーズ化していますが、この勢い(?)で「安値で買う方法」についても強制清算されないパターンを考えてみます。

AUD/CHFで「安値で買う方法」を実践したと仮定します。
 
通貨ペア : AUD/CHF
買値 : 0.7800
売値 : 0.9000
取引量 : 10,000通貨 
必要保証金 : 8,112 スイスフラン
利益 : 1,200 スイスフラン+スワップポイント
利益率 : 14.8%+スワップポイント

先日、「AUD/CHFを「安値で買う方法」で買った!」の記事を書きましたので、その例を題材にしました。AUD/CHF=0.00でも強制清算されないために必要な保証金は、8,112スイスフランです。
売値は0.9000としました。もっと我慢して0.9500や1.0000まで引っ張れるかもしれません。

気合を入れて1.0000になるまで我慢した場合は、以下の通りです。
利益 : 2,200 スイスフラン+スワップポイント
利益率 : 27.1%+スワップポイント


実際は、利益を得るまでに数年以上かかると考えてよいでしょう。よって、スワップポイントの利益率も比較的大きな数字を見込めるのではないでしょうか。
こう考えると、安値で買う方法でAUD/CHFのロングを建てることについて、検討に値すると考えることができるでしょう。

ちなみに、今回の試算での利益率は20%台ですが、安値で買う方法は為替レートの暴落時にこそ効果を発揮します。
それについての記事はこちら

→ 「強制清算されない」トラップ系の取引
→ 「強制清算されない」テキトートレード