両建てトラリピ検証シリーズの6回目です(全10回)。

両建てトラリピをしても良さそうな通貨ペア」にて、AUD/NZDとAUD/CADが候補になると考えました。

今回は、AUD/NZDのスワップポイントと為替レートの推移を考えます。
両建てのときのスワップポイントはプラスを期待できるのでしょうか。
それとも、マイナスを覚悟しなければならないのでしょうか。

なお、スワップポイントについて、業者ごとに異なりますし、過去の数字を確認する方法がありません。
そこで、政策金利の差をスワップポイントとみなして、その推移を把握します。

**********

下の2つのチャートとグラフをご覧ください。エクセルで作成しました。
(画面をクリックすると、鮮明にご覧いただけます)

上側のチャートは、AUD/NZDの1995年1月から2014年1月までの推移です。

そして、下は政策金利の推移とその差のグラフです。
ニュージーランドが現在の政策金利(Official Cash Rate)を導入したのは1999年3月ですので、グラフもそれ以降の数字になっています。

「豪州-ニュージーランド」の黒線は、豪州の政策金利からニュージーランドの政策金利を引いた値を示します。
AUD/NZDのスワップポイントに近いでしょう。
audnzd及び政策金利


2つのグラフを比較すると、何が言えるでしょうか。

「豪州-ニュージーランド」の値、すなわちスワップポイントが下がるとき、AUD/NZDも下落するように見えます。
また、スワップポイントが上がるとき、AUD/NZDも上昇するように見えます。

予想通りと言いますか、ごく普通の結果になりました。

AUD/NZDのトラップ系の取引で、ショートよりもロングの数量が多くなる時は、為替レートが低いときです。
そして、為替レートが低いときは、スワップポイントがマイナスです。

すなわち、スワップ損が毎日積み重なるのです。

逆の関係も成り立ちそうです。
すなわち、AUD/NZDのレートが高いとき、ロングよりもショートの数量が多くなりますが、スワップポイントがプラスになっています。
よって、スワップ損が毎日積み重なります。

もちろん、これをもって、両建てをするとスワップポイントが毎日マイナスになるということではありません。
しかし、マイナスになる可能性が低くないということが分かります。

スワップ損はじわじわと効いてきます。
ロングとショートの配置を工夫しなければならないでしょう。

そうはいっても、過去20年くらいの最高値と最安値の差は3,000pips(30円相当)くらいしかありません。AUD/NZDは両建てトラップ系の取引で取り組むのに適した通貨と言えるかもしれません。

次回、AUD/CADも同様に確認しましょう。 


両建てトラリピ検証シリーズ
その1: トラリピしたい通貨ペアの条件  
その2: 両建てトラリピの難題 
その3: リスクを制御した両建てトラリピ 
その4: トラリピでレンジを外れるときの対応 
その5: 両建てトラリピをしても良さそうな通貨ペア 
その6: AUD/NZDのスワップポイントと為替レート 
その7: AUD/CADのスワップポイントと為替レート 
その8: ヒストリカル・ボラティリティを比較する 
その9: EUR/CHFの両建てトラップ系取引  
その10: 両建て取引検証シリーズ:まとめ