ロング(買い)とショート(売り)を同時に建てる両建てのトレード方法を書きます。

買いのトレードは躊躇なくできるのに、売りは得意でないという方は多いだろうと思います。
以下のトレードならば、売りのトレードが思いっきりできるかもしれません。 

無題
 

条件:
・過去数十年程度のチャートにおいて、現在値は安値圏にあり、年単位で見れば将来は上昇すると予想している。
・プラスのスワップポイントである。
・年単位では安値圏であるものの、日・時間・分単位では売りでトレードをしたい状況である。

トレード方法:
・両建てでポジションを建てます。売り・買いとも同じ数量にしてください。

意図:
トレードしようとしている人は、何らかの理由で下落を予測し、売りたいと考えています。
一方、超長期(過去数十年)で見れば、現在は安値圏にあるため、長期で考えれば上昇するだろうとも予想しています。そこで、両建てです。 

1 トレードが成功する場合

・まず、売りトレードで為替差益を得ることができます。
・次に、買いトレード分の為替差益を得ることができます。相場は行ったり来たりするものですから、売りトレードの清算後ほどなくして買いトレードの為替差益を得られることもありますし、長期で待つ可能性もあるでしょう。
・買いトレードの為替差益を確定するまでの間は、プラスのスワップポイントで利益を稼ぎます。

2 売りトレードが失敗する場合 

売りトレードが失敗する場合とは、売りトレードの利益確定ができる前に為替レートが上昇する場合です。このときは、どこかの時点であきらめて買いトレード・売りトレード両方のポジションを同時に清算します。 

「くりっく365」のスワップポイントは買いも売りも同じ額ですから、両建てしている間のスワップポイントの合計はゼロ。損益なしです。エントリーしたときのスプレッド分だけ損失が出てしまいますが、それ以上に損失が大きくなることはありません。清算するときは「建玉整理」の取引をしますので、スプレッドはゼロです。

よって、少々の上昇では同時清算しません。どう見ても勝算がないほどに上昇してからの清算でもよいでしょう。

欠点:

このトレード方法にも欠点はあります。

・売りポジション清算後に買いポジションを長期で持ち続ける余裕が必要です。持ち続ける間はプラスのスワップポイントがありますから、少しずつ利益を得られます。
・何度も取引を繰り返しつつ清算できないでいると、ポジションが大きく膨らんでしまいます。ポジションの上限を決めて取引する必要があるでしょう。
・過去最安値を超えてさらに安値圏へ下落し続けてしまう場合、売りのポジションは清算済みですが買いのポジションは持ち続けていますので、含み損が膨らんでしまいます (しかし、過去数十年の安値圏で買っているのですから、含み損はある程度限定的だろうと予想します)。