無題ブログを検索しますと、FXならデイトレやスキャルピング、バイナリーオプションならば判定時刻まで10分の記事が多数掲載されています。

一方、私が得意とするのは1日1回以下の取引で、FXならばスイングトレード~超長期のトレード、バイナリーオプションならば判定時刻まで23時間(夏時間は22時間)の取引です。 

1日1回以下ですと、トレード画面を眺めても実際にはトレードしない日もしばしばです。

トレード手法にはそれぞれ長所・短所があり、どちらが優れているというものではありませんが、私が1日1回以下のトレードを好む理由は、おおよそ以下の通りです。

○ トレード以外のことに1日の時間の多くを使える。
○ 超短期トレードは私の性格に合わない。

こんなところです。ディスプレイを4個も6個も並べて相場と対峙するイメージのトレードに憧れるのですが、それをやると、どうしても多くの時間をパソコンと過ごすことになりますので、私の希望に沿わないのです。

1日1回以下のトレードで十分な利益が上がるだろうか?という疑問が出るかもしれません。

FXの裁量トレードで利益を上げようと思えば、取引回数を増やすか、1トレードあたりの金額を増やすか、です。
たくさんトレードしてたくさん利益を上げようと考える方は、取引回数に着目しています。
私は取引回数を増やすことには向いていないので、取引機会は少なくても高い勝率のトレードを、ある程度のまとまった資金で行います。