FXゆったりトレード派

のんびりFXトレードすることを目指すブログです。

2014年12月

どこよりも詳しい!スイス中銀の政策変更(2014年12月18日発表分)

ビックリ羊昨日、スイス国立銀行は金融政策を変更しました。

このブログは、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)の動向について詳しく書いている部類だと思いますが、今回はさらに詳しく書きます。 続きを読む

国民投票を経て、スイス国立銀行の政策はどうなった?

2014年11月30日のスイス国民投票において、結果によってはスイスフランが劇的に上昇する可能性を秘めた案が否決されました。

今回は、国民投票が否決された後に初めて出された金融政策評価(2014年12月11日)を確認しましょう。この金融政策評価は、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)が四半期ごとに公表している文書です。続きを読む

ポジションを決済しなくてもスワップポイントを引き出せる口座は?

a1640_000110

相談:
主にスワップ派で取引しています。毎日スワップポイントがもらえるのはうれしいのですが、私が使っている口座の場合、ポジションを決済しないとスワップポイントの引き出しができません。ポジションを維持したまま、スワップポイントを出金する方法はありませんか?


回答:
スワップポイントがプラスになるポジションを持っていると、スワップポイントの収入を毎日得られます。これはとてもうれしいことです。一方、その収入を自由に引き出せないとしたら、水族館で様々な魚を見ているような感じです。「お~!」と思うものの、手に触れることはできず見るだけです。

初めに投入した証拠金については評価損が出ようとも評価益が出ようとも無視して、スワップポイント収入だけを引き出して、できれば永遠に毎日収入を確保し続けるというのはとても魅力的です。

これは、以前イギリスが発行していたコンソル債券に似ています。コンソル債券とは、日本語で永久確定利付証券といいます。元本の償還がありませんが、利子を永久に受け取ることができるという債券です。FXのスワップ派の場合はスワップポイントが日々変動しますが、似たような感じです。


さて、本題に戻りまして、ポジションを維持したままスワップポイントを引き出すにはどうすればよいか、という相談です。

これができる会社は数多くあります。口座の例として10口座を書き出します。会社名等にリンク先が設定されている場合、そのリンク先は「各社サイトのトップページ」または「口座情報の詳細および口座開設ページ」です。

・ DMM.com証券(DMMFX)
・ GMOクリック証券(FXネオ)
・ IG証券
・ YJFX(外貨ex)
・ インヴァスト証券(FX24)
・ 外為ジャパン
・ セントラル短資FX(FXダイレクト+)
・ マネー・スクウェア・ジャパン 

→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る

皆様の「困った!」をこの口座で解決できる・・・かも。

実はFXのトレードで不便を感じているんだけど、何とか工夫してトレードしている・・・そんなことはありませんか?ゆったり為替にはいくつかあります。

今回は、そんな「困った」を解決できるかも知れない口座を紹介しますとともに、皆様の「困った」を募集します。続きを読む

AUD/USD(豪ドル/米ドル)=0.75に近づくべき?AUD/CHFはどうなる?

2014年12月11日、豪州準備銀行(オーストラリアの中央銀行)総裁が「AUD/USDは0.75に近づくべきだ」という趣旨の発言をしたと伝えられました。

これを受けて、AUD/USDが一時急落しました。これが実現するとAUD/CHFがどうなるのかを確認しましょう。 続きを読む

他のFXトレーダーと勝負して、ワクワクドキドキしたい!


相談:
FXが好きでトレードをしているのですが、一人なので今一つ楽しくありません。誰かと勝負をしたいのですが、私の知り合いでトレードしている人はいませんし、いたとしても勝負はできません。リアル口座のトレードで他人と勝ち負けを争いながらも楽しい勝負をしたいのですが、それができる会社はありますか?

回答:
会社の同僚や知人・友人に「FXやってる?」と話しかけるのは難しいかもしれません。実際に知人・友人とトレード競争できるようになっても、あなたが大きく利益をあげて相手が負けてしまったら気まずいでしょう。

そこで、トレード競争ができる別の環境を探すことになります。この競争の場を毎月のように提供している会社があります。ヒロセ通商のLIONFXです。

名称: リアルトレードバトル キャンペーン
内容(2014年12月の場合):

(1) 損益額でキャッシュバック!
キャンペーン期間中の「累積損益」上位入賞者にキャッシュバック!総合ランキングと通貨別ランキングがあります。
総合 : 15位入賞までキャッシュバック
通貨別 : 5位入賞までキャッシュバック
対象通貨 : USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、EUR/USD

(2) pips勝負でプレゼントを獲得!
小林芳彦氏(為替業界の著名人)とpips勝負で商品がもらえます!何と、勝っても負けても商品がもらえます。

(1)は累積損益ですから、トレード額が大きいほうが有利です。一方、(2)はpips勝負ですので、金額が小さくても参加できます。一人でトレードをして楽しむのとは一味違う感覚を味わえるえでしょう。

(下のキャプチャはLIONFXのホームページから引用)
LIONFXリアルトレードバトル

**********

リアルトレードキャンペーンとは違いますが、新規口座開設キャンペーンも実施しています。これがとても有利な内容なので、ご紹介します。

2014年12月のキャンペーン:
☆ 新規口座開設+ポンド円片道10万通貨の取引で10,000円キャッシュバック!

これが何を意味しているか、少し計算しましょう。

新規口座開設で10万ポンド買い、すぐに清算するとしましょう。すなわち、スプレッド分だけ損すると考えます。GBP/JPYのスプレッドは1.3銭ですから、損失は1,300円です。そして、もらえるキャッシュバックは10,000円です。

ということは、何も考えずにトレードしても8,700円くらいもらえるということです。ついでにリアルトレードバトルに参加すれば・・・勝てばよし!負けてもキャッシュバックの範囲内に収めればよし。損失はないうえにプレゼントももらえます。

リアルトレードバトルで勝てば、さらに収入が増えます。

→ ヒロセ通商(LION FX)はスワップ派でもデイトレードでもメリットあり!
→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る
 

雇用統計発表時にスプレッドが広がらないFX口座はあるか?


相談:
私は米国雇用統計発表時など、値動きが荒いときにトレードするのが好きです。しかし、値動きが荒いときはスプレッドが広がる傾向があります。会社のホームページでは狭いスプレッドだと書いてあっても、実際に取引するときにはスプレッドが広がることがあるのです。何とかなりませんか? 


回答:
スプレッドが狭いことを強調する会社は数多くありますが、そのスプレッドの提示率が実績で100%であるという会社はほとんどないでしょう。

米国雇用統計発表時にはインターバンク市場(銀行間取引)でもスプレッドが広がっていると考えられますから、顧客向けのレート提示でスプレッドが広がってしまうのは仕方がないと考えられるためです。

しかし、日本のFX業界は競争が厳しいです。このような要望に応える、狭いスプレッドの提示率が100%の口座がありますので、ご紹介しましょう。

口座名称: マネーパートナーズ FXnano(ナノ)口座
スプレッド: 提示率100%を誇ります(キャプチャはマネーパートナーズHPから引用)。

マネパ・スプレッド提示率
この提示率!100%です。米国の金融政策発表時や、米国雇用統計発表時も同じスプレッドです。他社で提示率100%を探すのは難しいと考えられます。

また、スプレッドの広さ自体もとても狭いです。

USD/JPY(米ドル/円): 0.3銭
EUR/JPY(ユーロ/円): 0.7銭
AUD/JPY(豪ドル/円): 0.9銭

提示率100%に加えてこのスプレッドです。値動きが荒いときに限らず、早朝などの取引が薄い時間帯でもスプレッドが広がりませんので、安心してトレードすることができます。

「安心」これはとても重要な要素です。頭の片隅であっても心配事があっては、トレードに完全に集中することは難しいです。マネーパートナーズは安心を提供してくれます。

→ マネーパートナーズでFXトレードするのがお得な4つの理由
→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る

FXでデイトレードが上手になりたい

a0002_009256

相談: 

デイトレードで頑張っています。しかし、どうしても勝てません。原因を考えると、(1)途中で焦って利食い・損切り注文をキャンセルして、成行で清算してしまう(2)取引ごとに損益が一定でない、という二つの原因があるようです。この悪い癖を強制的に直してくれるようなシステムはありませんか?


回答:
どのようなトレード方法でもそうですが、負ける原因を特定するのはとても大切なことです。原因が分かれば、その対策を立てることができます。

(1) 途中で焦って利食い・損切り注文をキャンセルして、成行で清算してしまう

これはよくあることではないでしょうか。含み益が順調に伸びているときに少し下落すると、焦ります。利益を小さくしたくないから利益確定の決済をしたところ、さらに利益が伸びる方向に動いてしまった・・・。

あるいは、含み損が増えてきたけれども損切りはしたくないから損切り注文をキャンセルして我慢。その我慢が成功するときもあるでしょうが、失敗したら損失額はとても大きくなります。損失が大きくなって損切りしたくてもできなくなり、最後には塩漬けポジションとなってしまう・・・。

(2) 取引ごとに損益が一定でない

これに気づいている人は意外に多くないように思います。例えば、10戦9勝1敗でも合計で損失になり得ます。1,000円の勝ちを9回と10,000円の負けが1回ならば、合計で損です。

これは極端すぎる例ですが、1回のトレードの損益の差があまりに大きいと、いくら勝ちを重ねても1回の負けで全て水泡に帰してしまう可能性があるということです。

**********

では、この2点を強制的に修正してくれるシステムはあるでしょうか。すなわち、利食い・損切り注文を事後的に修正不可!取引ごとに損益を一定にできる!というシステムです。

あります。FXトレードフィナンシャルの「らくらくFX」です。下の図を見ながら考えましょう(FXトレードフィナンシャルのホームページから引用)。

らくらくFX

成行で取引を開始して、翌日朝5時30分になったらシステムが強制的に決済します。デイトレードですから、日足の日付が変わる前に取引を終了するのです。その前に利食いまたは損切りポイントに達したら、この時も決済します。そして、この利食い・損切りポイントは発注後に変更できません。

すなわち、「含み損があるから決済しないで我慢しよう・・・」ができないシステムです。相談の(1)の部分が解決しました。

また、注文の方法が他の会社と異なります。普通は、以下の通りです。
1. 通貨ペア、取引数量、売買の方向(買いか売りか)を選択
2. 売買を開始して、利食いポイントと損切りポイントで指値発注
・・・利益や損失がいくらになるかを事前に知るには、自分で計算する必要があります。

しかし、らくらくFXはこうです。
1. 通貨ペア、最大損失及び最大利益額、売買の方向(買いか売りか)を選択
2. 売買を開始

赤で書いた部分が異なります。取引数量でなく、「最大損失及び最大利益額」を先に入力します。最大損失と最大利益は同じ額です。すると、システムがその金額になるような取引数量を100通貨単位で決定します。要するに、取引ごとに損益が大きく異なることを防げます。

これで、相談の(2)が解決しました。

この「らくらくFX」は、デイトレード初心者や、デイトレードでどうしても事後的に注文を変えてしまうというユーザーのためのシステムです。まずはこのシステムで訓練をしっかり積んで、そのあとに通常の口座で取引しても良いでしょう。

→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る

FXの利益を外貨で保有して、海外で使いたい

a0001_011462

相談: 

私は海外旅行が好きで、海外に行くたびに外貨を使います。だから、FXで外貨で利益を得るとき、円にしてしまわないで外貨のまま証拠金にしたいんです。そうすれば、それを引き出して海外で使えます。そのような口座ってありますか?


回答:
現代は手軽に海外旅行ができる時代になりました。旅行でなくても、ビジネスでの出張、留学など、海外に行く機会はどんどん増えています。

すると、外貨を使う機会も増えてきます。クレジットカードを使えば良いのですが、世界中どこでもカードが使えるわけではありません。ホテルでカードを使ってみたらなぜかエラーになってしまい、慌てて別のカードを出した経験がある人はいませんか?ゆったり為替がそうです。

現金しか使えない場面もありますし、やはり外貨の現金はある程度必要です。

すると、海外に行くたびに両替ショップに行くことになります。FXで為替レートの動きを肌で感じている私たちにとって、両替ショップの両替レートはボッタクリ以外の何物でもありません。しかし、他に手段がありません。ボッタクリと分かっていても、泣く泣く両替をするしかありません。

しかし、そのような状況を打ち砕く会社が現れました。マネーパートナーズ(マネパ)です。

外貨の利益をそのまま外貨のまま保有できるのです。

例えば、ユーロ米ドル(EUR/USD)を取引して利益を得たら、利益は米ドルで得られます。一般的なFX会社ですと、この利益は円に換えられてしまいます。しかし、マネパは外貨のまま証拠金として保有可能です。その外貨を引き出して使えばOKというわけです。


以上は、外貨で利益を得るときでした。トレードで利益を得られるかどうかは事前には分かりませんので、両替で外貨を保有したいと考えたとします。両替えだったら、確実に外貨を確保できます。

この場合も、マネパがとても有利です。以下のキャプチャの通り、マネパはとても有利です(マネーパートナーズのホームページから引用)。

マネパ両替

さらに、空港で現金を受け取ることができます。わざわざどこかで両替してから空港に行く必要はないのです。この利便性はとても高いといえるでしょう。

→ マネーパートナーズでFXトレードするのがお得な4つの理由
→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る

トラリピ、トライオート、ループイフダンの違い


相談:
トラリピ、トライオートとループイフダンに興味があります。しかし、その差が良く分かりません。細かい仕組みの説明は必要ないので、スプレッド、通貨ペアの種類など基本的なところで一目で分かるような比較をしてくれませんか?あと、どの場合にはどれが有利だといった話も書いてもらえるとうれしいです。


回答:
トラリピ、トライオート、ループイフダン。確かに、違いは分かりづらいです。トラリピは特許商品ですから、トライオートとループイフダンはトラリピとは明らかに異なります。

しかし、相談にもありますように、トレードする側から見れば小さな違いかもしれません。そこで、分かりやすい部分でこの3つを比較しましょう。

1. 取引コスト、通貨ペア、取引の容易さ

下の表をご覧いただきながら説明しましょう。トラリピ及びトライオートは2015年1月から商品性が新しく変更されます。ここでは、新しくなったサービスで比較します。
3社比較1
(※)取引によっては1位にも3位になる場合もある

(1) 取引コスト
取引コストとは、スプレッドと取引手数料の合計です。ループイフダンがおそらく1位でしょう。「おそらく」の理由ですが、トライオートは1回の取引量によって手数料が異なるためです。

一回の取引量が多額ならばトライオートが1位になる場合がありますが、多くの個人投資家は小さな取引を数多くすると予想します。そこで、ループイフダンを1位としました。

また、少ない取引数量で利益幅をとても小さくすると、トライオートはトラリピよりも手数料が大きくなる場合があります。通貨数量と手数料の関係を表にすると複雑になりますので今回は掲載しませんが、事前に手数料を比較する必要があるでしょう。

利益が数十銭程度以上ならば、トラリピよりもトライオートのほうが手数料が安いです。

(2) 通貨ペアの種類
取引コストが最も小さいループイフダンですが、取引可能通貨ペアは4種類(米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円)です。最も種類が多いのはトライオートです。

よって、コストの小ささの面で判断すれば、4通貨ペアで取引するときはループイフダン、ループイフダンで取引できなければトライオートとなります。ただし、トラリピはトルコリラ円(TRY/JPY)と香港ドル円(HKD/JPY)の取引が可能です。この2通貨ペアで取引したい場合は、トラリピとなります。

(3) 設定の容易さ
とにかく簡単に取引を始めたいならば、ループイフダンでしょう。なぜなら、あらかじめ取引可能な設定が定められており、ユーザーは選択するだけだからです。

しかし、容易であるとはすなわち、自分好みのカスタマイズができないということでもあります。注文と注文の間の幅や利益幅を自由自在に設定したいならば、トライオートまたはトラリピを選択することになります。

(4) 最低取引数量
トライオートは従来10,000通貨でしたが、新しいトライオートでは1,000通貨になりました。このため、最低取引数量では三社横並びとなりました。


2. では、トラリピは最も不利なのか?

上の比較を見ると、トラリピが最も不利なように見えます。しかし、トラリピには他にないサービスがあります。それは、買いの取引でトラリピしていて一方的に円安になるとき、通常の利益幅で利益を確定しないで、円安になればなるほど利益を拡大できる機能があるからです。

「決済トレール」機能といいます。将来、一方的な円安になりそうだと予想するならば、一気に大きな利益を狙えるトラリピが候補になります。決済トレール機能の具体的な説明は、リンク先をご覧ください。
→ トラリピの新機能で利益を伸ばす!【決済トレール】

では最後に、三社で取引可能な通貨ペアを確認しましょう。○がついている通貨ペアで取引可能です。

3社比較2

→ リピート系(トラップ系)ならループイフダン!という4つの理由
→ M2Jのトラリピで押さえておくべき3つのメリット
→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット

→ トライオートが取引手数料引き下げ!トラリピとループイフダンの3つのうち、どれが有利?
→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る

ブログ内記事検索
古い記事の引っ越し
古い記事の一部を、別のブログに徐々に移動させています。詳細はこちらをご覧ください。
プロフィール
ゆったり為替

取引回数は少ない「ゆったりトレード」。FXでの大成功を目指して勉強する毎日です。
メッセージ
当ブログを紹介していただいた皆様